玉ウキ


玉ウキは発泡素材の環付き玉ウキを使用します。釣りをしていてダンゴの状態が一番解りやすいのではないでしょうか。ダンゴの割れ等が一番ハッキリ出ますから(っていうか、そういうタナで釣るが基本)、メリハリがある釣りがしやすいウキですよね。浮力が高い分、少々潮が速くても呑まれてしまう事も少ないですし、アタリも大小問わず多く出るので、楽しいウキであります。

一方、短所といえば...やっぱり浮力が大きいってコトで、抵抗が大きいのと、サシエが抜けた後はどうしてもウキがサシエを引っ張ってしまいます。永易ケイユ曰く「仕掛の支点が最初から最後までウキ側にあるウキ」。

サシエを引っ張らないようなタナまで深くしちゃうと、長所である「はっきりした動き」が消えてしまいます。ウキががんばり過ぎてしまうんです。熟練者は微妙な動きでも判断ができるそうですが、そのタナだと他のウキのほうが使いやすいかも知れません。

ということで、潮が速い時やサシエを大きく動かしたい時には断然玉ウキが使いやすいと思います。

玉ウキ


寝ウキ


寝ウキも発泡素材のシンプルな経常の物を使用します。なんか、かっちょええ形の寝ウキはほとんど使いません。

”アタリ”そのものは一番解りやすいと思います。なんせ立ちますから。(笑)
寝ウキの使い方も色々ありますが、永易流的には完全にテンションを抜いて使う事が多いです。
寝ウキの負荷は、

    @寝ている→立つ
    A立っている→沈む

で全然違い、当然@のほうが抵抗は断然小さくなっています (実際は@→Aへは連続的に移行する訳ですが)。サシエを食うときの違和感から考えれば、@をアタリとして認識できるタナ取りで釣るのが一番効率が良さそうです。それより詰めてしまうとウキに動きは出てきますが、縦の動きに変換される分、情報がやや煩雑になってきます。また、ウキの状態が@→Aの微妙なトコロにあるため、その微妙な浮力感が仇になってしまう事があります。

という事で、永易流的寝ウキ使いでは、本アタリでしか立たないっていう所までタナを取る事になります。ウキのテンションを完全に抜いていますから、自然、サシエの安定度は抜群になります。 永易ケイユ風に言うと「仕掛の支点が最初から最後までハリにあるウキ」といったところでしょうか。 てっとりばやく「ハワセ」をするなら断然寝ウキがオススメです。 また、ハワセの感覚が一番掴み易いので、これから永易ウキを使いたいと思っている方は、まず永易流的な寝ウキの使い方をマスターされる事をオススメいたします。

ただし、この使い方ですと、テンションを抜きすぎてる感がありますので、ダンゴから得れる情報はかなり少なくなります。”待ちの釣り”という感覚が強くなりますから、探っていく釣りには不向きだと思います。また寝ウキの特性として、表層よりちょっと下の潮がキツイ時に潮を逃がせられる事があります。これ、以外と便利なんですよね。上潮だけがキツイと逆に滑りまくって、全く使えませんけど...(+_+)

寝ウキ

永易潮切りウキ


”永易潮切りウキ”は永易ケイユオリジナルウキの第二弾になります。イメージ的には玉ウキに近く、「少し詰め気味のハワセ」で使用します。玉ウキ系はその構造上、ハワセ釣りをするには少々不向きな部分があるのですが、潮が速い場合などは玉ウキでないと釣りそのものが成立しない場合があります。

棒ウキ系ですと、ダンゴにウキ引っ張られて水中に潜ってしまった場合、潮のせいでウキの方向に浮力が働いて、すぐにサシエが浮く状態になってしまいますよね。ところがこの潮切りウキはそのソロバン型の形状のおかげで、潮に流されても元に戻ろう(潮を切る)としてくれますので、想定しているタナの維持がしやすくなっています。

カンの部分はソフトチューブになっており、ウキ自身の角度が柔軟に変化することも”潮切り”に一役買っています。上部の形状(溝)はウキにアタリが出た際に水流を捉えてアタリをより大きく、鮮明なものにします。

潮切りウキ

ページトップへ