一番大切なこと


紀州釣りで一番大切な事はダンゴの成分に頭を使う事でも、ハワセ幅に頭を悩ます事でも、 いいタックルを使うことでもありません。最も大切なのは「ダンゴを自分の物にすること」です。

「自分の物にする」とは、ダンゴを通して現在の海中の様子を正確に把握し、またその状況に合わせてダンゴを自在にコントロール出来るようになることです。

ではその為にどういう事をすればよいのか−。

あたり前ののことですが、何かを自分の物にするには、やっぱり練習しかありません。 紀州釣りも例外ではありません。

もしあなたが、
 ・どんな状況下でも同じタイミングで割れるようにダンゴを握れるのかどうか。
 ・どんな状況下でも自分の思ったタイミングで割れるのかどうか。

この2点について完璧にできるのれあれば、このサイトを見る必要なんてありません。 あなたはもう既に紀州釣りのエキスパートな筈ですから。


締める


永易ケイユが本気で紀州釣りを始めようとしている人にまず話すのは「とにかくダンゴを締められるようになってください」という事です。っていうか、しばらくはそれしか言いませんし、それどころか「締める練習をしている間は、釣果が落ちるかもしれません。それでも大丈夫ですか?」と言っています。

確かに、その時の状況で「こうやれば釣れますよ」「このタナでこうやれば...」的な事は言えるんです。でもそれはいきなり解答を見せているようなものですので、本当の意味でスキルにはなり難い。本気で上達したいと考えている方に対しては、それは逆にいけない事なんじゃないかと考えて、まずは基本にして最も重要な事である「締め」の事を話すようにしています。

ダンゴを締める目的は、先に述べたとおり「ダンゴから情報を得る」ことと「自在にダンゴを操ること」にあります。 情報を得るためには「変化」を感じなければいけません。そして「変化」を感じるためには、基準となる、ブレない「軸」が無いといけません。そう「ダンゴ締め」とはその「軸」を維持する為の技術なのです。一日通して安定したダンゴが作れるように、そして、釣り場のどんな状況変化にも対応できるように。

巷でよく言われるように、チヌは足の遅い魚です。警戒心なのかダンゴに興味をもっても食ってくるまでに結構な時間がかかります。ですから、現在のようにエサ取りの数が激増している中、すぐ割れてサシエがむき出しになってしまうような釣りをしていたら、到底チヌなんて釣れません。

チヌを効率的に釣るには、エサ取りの猛攻に負けずにチヌがその気になるまでサシエを保護してくれるダンゴが必須なのはおわかり頂けるかと思います。

いかに割れないダンゴを作るか。
これには何パターンか方法があります。

一番簡単なのは、ダンゴに水分を追加してネバリをもたせて握りやすくすることです。 ダンゴ材そのものに粘る素材を入れてやることもあるでしょう。 こういった方法ならどなたでも、割れないダンゴができると思います。 ただ、あなたが本当に上達したいと考えておられるのであれば、少し「握りにくいかな?」と思えるくらいの水分量のダンゴ材を硬く硬く握る(締める)ことで割れないダンゴを作る練習をされる事をお勧めします。 というのも、魚とダンゴの関係は何も集魚力の強弱のみで決まるわけではないからです。

少しイメージしづらいかもしれませんが、魚とダンゴの関係は、集魚力の強弱よりむしろ水分量によるダンゴ崩壊のプロセスの違いや、崩壊が始まるタイミングで大きく変わります。詳細はまたの機会に譲りますが、水分量を間違えただけで恐ろしく釣り難くなったり、チヌの反応が良くなる場合がありますから、シビアな状況になればなるほど、安易な水分調整はやめたほうが良いでしょう。

それよりもまずは締めを練習すること。ダンゴが安定してくれば、おのずと釣果はついてくる筈です。

締め方


これは文字で説明するよりも「ぬかすなネットTV」さんで永易ケイユが動画解説していますので、これを参考にされるのが良いんじゃないでしょうか。
ポイントとしては

 ・握力のみで握らない。
 ・下になる手は太ももに置き、上の手は肘から垂直に圧をかける。
 ・ダンゴ内の空気を抜いてやるイメージ
 ・あまり大きな団子は作らない(直径6cm前後)
 ・練習の段階では、ちょっと握りにくいぐらいの水分量で締めてみる。

といったところでしょうか。
無理せず、ボチボチ練習していってくださいね。

ページトップへ