永易流王座決定戦2010 結果


永易流王座決定戦2010

6/5,6 永易流王座決定戦2010の決勝戦が行われました。
予選同様、両日とも天気にめぐまれ、昨年シード選手を含めた11名により、熱い戦いが繰り広げられました。
1日目終了後には食事会もひらかれ、選手同士の親睦も深められたと思います。
そんな楽しくも熱い大会を制したのは、2日間で8,400gを釣られた、池田佳正選手でした。
おめでとうございました!!

以下決勝の結果です。

  優勝 池田 佳正選手 8,400g
 準優勝 箕原 康成選手 5,810g
第 3位 永易 啓裕選手 5,800g
第 4位 高野 広樹選手 5,610g
第 5位 湯本 裕二選手 5,530g
第 6位 石橋 一樹選手 4,830g
第 7位 徳山 将幸選手 4,380g
第 8位 釜親 尊行選手 4,170g
第 9位 亀井 俊直選手 3,510g
第10位 西堀 勝典選手 3,190g
第11位 松岡 秀一選手 1,780g

■■■■入賞選手 談話■■■■

●池田選手
<1日目>
青マッハ半袋+緑マッハ半袋+さなぎ半袋+アミエビ400cc+海水600ccで開始。
朝からエサ取りはいて(ふぐ・べら)、ダンゴは少し締めて1分30秒ぐらいでわれるダンゴでした。 チヌの活性は高く ダンゴあたりから本あたりがでて、比較的簡単に釣れてきました。
チヌがきた時はダンゴが1分以内でわれていました。結果、19枚のチヌを釣ることができました。

<2日目>
青マッハ半袋+波止ダンゴ半袋+さなぎ半袋+アミエビ600cc+海水600ccで開始。
朝からエサ取りはあり(ふぐ・べら)ましたが、ダンゴはゆるく握って1分30秒ぐらいでわれるダンゴでした。 途中ボラで少々苦戦しましたが、ポツポツとチヌがつれ、5枚のチヌを釣ることができました。

●箕原選手
<1日目>
青マッハ半袋+緑マッハ半袋+さなぎ400c+アミエビ400cc+海水200cc+チヌパワー400ccで開始。 1分〜1.5分で割れるダンゴで様子を見ましたが、ベラ・フグなどのエサ取りはいるものの、ダンゴに触ってくるような動きはありませんでした。あまりにも触らないので、すこし底を切った状態で様子を探ると3連発するものの、ハリがかりが浅く、バラしてしまいました。
以降も昼までダメだったので、ポイント移動を繰り返しながらさぐって、何とか2枚を拾いましたがどうもチヌが浮いているようで、なかなか思った展開になりませんでした。

<2日目>
青マッハ2/3+緑マッハ1/3+さな600c+アミエビ400cc+海水400cc+チヌパワー200ccで開始。2日目も釣り開始後はあまり状況は良くなく、しっかり食い込ませて釣るというよりは素早く掛け合わせるような釣りをしていました。
12時ごろに1回目のダンゴがきれたので、完全にアミエビを抜きいたパサパサのダンゴを作りました。
そのダンゴを締めまくって10投した後、アミエビをがっつり追加した所、いきなりダンゴに反応があり(着底しない事も)、ほどなく連荘で3枚を釣りあげる事ができました。
ポイントは違いますが、海の状況が1日目の状況とは違っていたように思います。2日目は1日目と違いちゃんと底で食ってくれました。
1,2目いずれも永易ウキSを使用しました。

●永易選手
<1日目>
青マッハ半袋+緑マッハ半袋+さなぎ半袋+アミエビ200cc+海水500cc+チヌパワー400ccで開始。 永易ウキMで釣りをしていました。チヌが浮いているように思ったので、底を切って釣っていました。 後半は徐々に落ち着きましたが、SSを使うような状況。あまり良い状態には感じませんでした。

<2日目>
青マッハ半袋+緑マッハ半袋+さなぎ半袋+アミエビ200cc+海水500cc+チヌパワー200ccで開始。 永易ウキMで釣りをしていました。仕掛けは立て気味にし、かるくハワセる感じが良かったように思います。 ダンゴが割れたあと、サシエがふわっと動き出すタイミングで食う物が多かったです。エサ取りはいましたが、そんなに気になるほどじゃありませんでした。タナを詰めるとダンゴアタリがでていましたので、ボラがいてくれたおかげでエサ取りがその程度の勢力だったのだと思います。
ちょっと失敗したかもしれなかったのは昼からの3時間。ヒトデを15匹以上釣ってしまいました。 前日、別の方がやっていたポイントでしたので、それにヒトデが寄ってしまっていたのかもしれません。 今から考えれば、竿1本でもポイント移動すれば、もっと違った結果が出ていたようにも思います。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


皆さまお疲れさまでした!
入賞の皆さま、おめでとうございました。

本大会の開催にあたり、”釣武者”谷山商事株式会社様、マルキュー株式会社様、株式会社ラインシステム様、進鉱渡船様には、多大なるご協力、数々の協賛品のご提供を頂きました。谷山商事様には優勝・準優勝賞品として”ダンプリングスペシャル450”、”ダンブリング玉ノ柄500”をご提供いただき、マルキュー様には決勝のすべてのダンゴ材、ラインシステム様には予選での賞品をご提供いただきました。本当にありがとうございました。

永易流王座決定戦2010 入賞者

永易流王座決定戦2010 決勝進出者

その他の写真はこちら

永易流王座決定戦2010 決勝進出者


ページトップへ